ふくらはぎ運動で血流がよくなるメカニズム!

query_builder 2021/05/17
ブログ
IMG-5407

ブログvol.42 ふくらはぎ運動の驚くべき効果!

 

皆さんは「脚がむくんでるな」「肩こりが治らないな」と悩んではいませんか?それ、実は血流が悪いからかもしれません。血液の循環をよくしてあげることは、実はむくみや肩こりなどの症状を解消することに有効だと考えられます。今回はふくらはぎ運動の効果について紹介してみようかと思います。

 

◆血行がいいとはどういうこと?

 そもそも血行がいいのと悪いのではどのような状態かを簡単に確認してみましょう。血行がいいとは、水路がきれいで水がさらさらと流れている状態をイメージしてください。このとき体は疲れを感じずに元気に働けます。寝れば疲れが取れて起きたらすぐに動き出せるような状態です。対して血行が悪いとは水路が詰まっていて流れが悪い状態、つまり疲れやすく疲れが取れにくい状態になっていると言えます。そして、水路の水がどろどろになっている状態だと肩こりや腰のこりなどのいわゆる「こっている」症状を引き起こします。

 

◆循環こそ命!

 私たちの体は、酸素を吸って二酸化炭素を出します。食事を摂って栄養を摂取し、排泄をします。このように体はすべて循環というメカニズムを介して成り立っていることが容易に想像できますね。例えば摂取した栄養は各細胞まで運ばれて渡され、代わりに細胞はいらなくなったものや老廃物を外に渡します。つまり、物々交換をしているわけですね。その際に必要となるのが血液を代表とする体液なのです。

 

◆静脈やリンパにはポンプがない!

 各組織に栄養を運ぶ際に心臓から血液が押し出されて動脈を通っていきますが、不純物などを回収して戻ってくる静脈には最初のような勢いのある流れがもうそこまで残っていません。しかも特に下半身からすると心臓は上に位置しているので戻るにも一苦労。よって下半身の静脈の流れは滞りやすいと言えます。そのため不純物が体液とともに溜まり、むくみの原因にもなるんですね。リンパ液も心臓のポンプを使っていないので循環は滞ることがあります。

 

◆ふくらはぎこそ体液の循環の要!

 静脈やリンパは滞りやすいということでどうしたらいいのか、という疑問が湧くと思いますが、ズバリそれは「ふくらはぎの運動」です。筋肉が収縮すると、筋肉に挟まれた静脈はホースが踏まれたときのように圧力がかかります。その勢いで心臓へ向かって体血液を押し戻してくれます。なので、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれるのですね。長い間同じ姿勢で働いている人はぜひ1時間に1回くらいはふくらはぎの筋肉を使う動きをやってみてください。または、ふくらはぎをしっかりと手で揉んでみましょう。

 

 次回は体液の循環とダイエットに関してもう少し掘り下げていこうかと思います。お楽しみに!!

 

パーソナルトレーニングジムNick’s Fitness(久留米市) 代表 中村将太

女性のダイエットやボディメイクに特化したプランも多数ご用意しております。リラックスしたままスリムボディを手に入れるプログラムもご準備しております。ダイエットの知識もたくさん身に付けていきましょう。お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • お客様から大葉いただきました!お客様紹介(Sさん)

    query_builder 2021/06/12
  • 体液の循環でねこ背やO脚も治る?

    query_builder 2021/05/20
  • 体液の循環とダイエットの関連(リンパ液編)

    query_builder 2021/05/17
  • ふくらはぎ運動で血流がよくなるメカニズム!

    query_builder 2021/05/17
  • 1周年ありがとうございます!新サービスもスタート!

    query_builder 2021/04/20

CATEGORY

ARCHIVE