自分の体重についてを知ろう

query_builder 2020/09/08
ブログ
3c9ed5a5f60989f7234339ccdd3b9670-768x432

皆さまこんにちは。本日の記事のテーマは“適正体重”です。「ダイエットして〇〇kgまで落とす」「夏までに10kg落とす」など、漠然と体重を落とすことばかりに意識がいってしまいますが、実際のところ自分の体重がどれくらいになれば健康的なのかどうかというのは、なかなか認識していない方が多いような気がします。今回の記事を読んでいただければ、自分の適性体重を知って、健康的な体重を目指す一つの数字がわかるかと思いますので、ぜひ最後まで目を通されてみてくださいね。


 体重の種類 体重の種類と言われても何があるの?と思いますよね。???がたくさんだと思います。体重については次の4つの種類の体重を見てみましょう。


標準体重

一般的に知られているBMIでいうところの22の数字になります。BMI(Body Mass Index)は多くの人からとったデータに基づく、もっとも健康的であったといわれる数字を22としていて、この数字から出される体重を標準体重としています。計算方法は身長(m)×身長(m)×22です。身長が160㎝の方であれば、標準体重は1.6×1.6×22=56.32kgになります。このBMIが22という数字は、決して痩せ型という体型ではなく、あくまで、疾病率が最も低かったという数字に基づく数字です。皆さんもぜひ計算してみてくださいね。


理想体重

よくモデル体型として目指される体重です。BMIでいうと18以下といったところでしょうか。ここまでの数字となると決して健康的な数字とは言い難く、健康を害するような極端な痩せ型となってしまいます。特に女性であれば、生理不順などの生理的なマイナス要因となってしまうため注意が必要です。見た目はめちゃくちゃ痩せていて目指したくなる体型ですが、健康を考えるとあまりオススメはできないです。


適正体重

もっとも体調がよく、もっとも長く維持している体重を指します。これは個人個人で差がありすぎるため、計算方法が存在しない体重ですので、あくまで個人が感じる「心地よい体重」「健康で安定した体重」という感覚的なものによる曖昧な体重となります。


生活体重

日常生活で長期間にわたって安定した現在の体重を指します。この生活体重が①の標準体重と一致するのが一番健康的であると言えます。標準体重が長期にわたって維持されていることが、健康的な生活を送っている一つの指標になりますね。


 私たちはできるだけ健康でありたいと思っていますし、自分の体の自由な時間もできるだけ長い方がいいと思っているはずです。ただ長く生きるだけでなく、できる限り最期まで自分の足腰で歩いていたいですし、運動の楽しさも味わいたいものです。そのためには何をしたらいいかといいますと、やはりまずは“運動”でしょう。前の記事にも書きましたが、30代半ばを過ぎると年々筋肉が減っていきます。筋肉に定期的に刺激を与えないと、減るばかり。刺激を与えれば最後まで成長し続けるのが筋肉ですので、筋トレは何歳になってからでも始められるのです。年だから…とあきらめかけている方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です。いつから初めてもいいのが筋トレなんです。ダイエット目的でもよし、筋力アップのためでもよし、ストレス発散のためでも、なんでもいいと思います。運動をすることは病気への第一の予防とも言われているくらいですので。楽しくフィットネスを始めて健康的な毎日を作っていきましょう。


Nick's Fitness(ニックスフィットネス)代表 中村将太

久留米市野中町 パーソナルトレーニングジム

マンツーマン指導 ダイエット ボディメイクはお任せください。


NEW

  • Nick's Fitnessのトレーニングマシンを紹介

    query_builder 2020/09/13
  • 自分の体重についてを知ろう

    query_builder 2020/09/08
  • 筋トレで寿命が延びる!?

    query_builder 2020/09/04
  • ダイエットする際に必要なのは意気込み?

    query_builder 2020/09/03
  • 暑い時のトレーニングの注意点

    query_builder 2020/08/31

CATEGORY

ARCHIVE